○上尾、桶川、伊奈衛生組合職員懲戒審査委員会規程

平成24年3月30日

規程第1号

(設置)

第1条 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第29条の規定による懲戒処分の実施について、その適正を期するため、上尾、桶川、伊奈衛生組合職員懲戒審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、管理者から付議された職員に対する懲戒処分の実施について審査し、その結果を報告するものとする。

(組織等)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員3人をもって組織する。

2 委員長は、事務局長をもってこれに充てる。

3 副委員長は、副局長又は次長をもってこれに充てる。

4 委員は、職員のうちからその都度管理者が任命する。

5 委員は、当該処分の報告が終了したときは、解任されたものとする。

6 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

7 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議は、委員長が招集し、その議長となる。

2 委員会は、委員の過半数以上の出席がなければ、会議を開くことができない。

(懲戒処分の指針)

第5条 委員会は、懲戒処分の具体的な量定に当たっては、次に掲げる事項に基づき判断するものとする。

(1) 非違行為の動機、態様及び結果はどのようなものであったか。

(2) 故意又は過失の度合はどの程度であったか。

(3) 非違行為を行った職員の職責はどのようなものであったか、その職責は非違行為との関係でどのように評価すべきか。

(4) 他の職員及び社会に与える影響はどのようなものであるか。

(5) 過去に非違行為を行っているか。

(6) 国及び県その他地方公共団体での懲戒処分の取扱いはどのようなものであるか。

2 前項に定めるもののほか、日頃の勤務態度及び非違行為後の対応、個別の事案の内容等も含め総合的に考慮のうえ、公平公正に判断するものとする。

(関係職員の出席等)

第6条 委員会は、必要があると認めたときは、懲戒処分に関係する職員の出席又は資料の提出を求め、その説明又は意見を聴くことができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、総務担当において処理する。

(委任)

第8条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

(平成31年3月15日規程第4号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

上尾、桶川、伊奈衛生組合職員懲戒審査委員会規程

平成24年3月30日 規程第1号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第5編 事/第2章 分限・懲戒
沿革情報
平成24年3月30日 規程第1号
平成31年3月15日 規程第4号